NHKから国民を守る党

NHKの映らないテレビの話

更新日:

ソニーの株主総会でNHKの映らないテレビを製造
してはどうかとの提案があったようです。

また、NHKが映らないテレビがあればホテルチェ
ーン店だけでも相当の需要が見込まれると経済
評論家の渡邉哲也さんがツイートしてました。

結論から言うと技術的には可能でも特許の問題で
出来ないかもしれないということです。

ホテルのNHK受信料について

そのまえに、ホテルのNHK受信料はどうなってい
るかということを書いていきたいと思いますので
興味のない方はこの章を飛ばしてください。

放送法64条1項で受信設備を設置した者はNHKと
受信契約をしなければならないのですが、

ホテルなど事業所はNHKが定める放送受信規約
2条2項で受信機ごと契約しなければなりません。

厳密にいうと違いますが、テレビの台数分と
言い換えることもできます。

そして2018年1月の時点でホテルなどの事業者
との裁判は23件に上っており20件まではNHK側の
勝訴もしくは事業者側がNHKの要求に応じています。

残り3件のうち注目を浴びている東横インの裁判で
は2017年3月29日の東京地裁での判決で19億3千万円
で受信料裁判としては過去最高額が出ています。

また同年2月1日付けで静岡県掛川市のホテルを
衛星放送の受信料支払いについて東京地方裁判所
で訴えています。

この裁判に関してはNHKから国民を守る党代表で
ある立花孝志さんが無償でサポートしています。

少し、話がそれますが弁護士のように費用を取って
協力することはしてはいけないけれどお金を取らな
いのならサポートできると立花さんが説明しています。

その他にもNHK集金人に対する対処なども同党議員
と関係者の方々はまるで当たり前であるかのように
無料で対応しています。

NHKだけ映らないテレビ

さて本題のNHKだけ映らないテレビについての
お話です。

NHK放送技術研究所という研究機関がありそこで
テレビに関する多くの特許を所持しています。

テレビに関する特許は一般社団法人 電波産業会
必修特許ライセンスとしてアルジーダ株式会社
によって管理されています。

アルジーダは地上波が映るテレビで1台100円
衛星放送が映るテレビで1台200円、そして
ワンセグ1台50円の特許使用料を徴収してます。

NHKだけ映らないテレビは、この特許使用が認め
られない可能性が高いというのがNHKだけ映らな
いテレビをつくれない理由です。

このことに関して立花代表がユーチューブで
説明している動画がありますのでご覧ください。

まとめ

NHKだけ映らないテレビといった発想を持つ人
は少なくないようですが既得権益を持つ人達
はそれはそれで考えているようです。

そんな中、筑波大学准教授の掛谷英紀先生は
知的財産権の制約が少ないNHKだけ映らない
アンテナを開発したようです。

追記

ガジェット通信 ネット流行語大賞2018上半期
に21のワードがノミネートされその中の一つに
「NHKが映らないテレビ」が入ってます。

投票期限は7月3日午前10時まです。もし良かったら
投票してみてはいかがでしょうか。

NHK撃退シールがほしい方は、こちらまで→http://www.nhkkara.jp/seal.html

 

-NHKから国民を守る党
-

Copyright© 輝く星 , 2019 All Rights Reserved.