NHKから国民を守る党

NHKから国民を守る党のワンセグ裁判

更新日:

NHKから国民を守る党代表の立花孝志さんは

ご自身のユーチューブチャンネルでワンセグ
裁判に関する動画を数多くアップしています。

動画の中で

平成30年7月現在ワンセグ裁判は最高裁判所
で確定判決は出ていないので契約義務は、
今現在ないとの説明をしたらっしゃいます。

この記事ではいままでのワンセグ裁判につい
てまとめていくつもりです。

今日まで水戸、千葉、さいたま、東京、大阪
の五ヶ所は地方裁判所で争われてきましたが
結果は1勝4敗。

裁判の争点は、ワンセグ機能付き携帯電話は
放送法で定める受信設備の設置にあたるか
どうかです。

さいたま地方裁判所

最初のワンセグ裁判はさいたま地方裁判所
でおこなわれ、

NHKから国民を守る党のNo2的存在である
大橋昌信朝霞市議会議員を原告として
争われました。

朝霞市議会議員選挙に一発で当選した実績
がある大橋議員、

立花代表に「彼はもってる」と言わしめる
だけあり2016年8月26日の裁判は見事に勝訴
しました。

水戸地方裁判所

この裁判は茨木県高萩市の男性、Iさんが
訴えたもので、立花代表がサポートした
裁判ですが、

この裁判は土浦簡易裁判→水戸地方裁判所

日立支部→水戸地方裁判所と2回も送致
されている裁判で

最初の土浦簡易裁判所では電話でのNHKの
解約を認めると言っていたものです。

ところが水戸地方裁判所は2017年5月25日アイキャッチ画像を設定
判決で河田泰常裁判長は

「携帯も概念として設置に含まれる」
という判断をくだしNHKが勝訴しました。

その他の裁判

大阪地裁の裁判でも引っ越しに際して
知人にテレビを譲って男性も

ワンセグ携帯だけでもNHKと契約しな
ければならないとの判決がくだり

千葉でも同様の判決がでましたし、

さらには東京地裁に、立花代表自ら
起こした裁判も2017年12月27日に
敗訴しています。

東京高等裁判所

一審で勝訴した大橋昌信議員の裁判は
NHKが控訴し東京高等裁判所で争われ
2018年3月26日勝訴しました。

-NHKから国民を守る党
-

Copyright© 輝く星 , 2019 All Rights Reserved.