地方選挙

宮城県多賀城市長選挙立候補者紹介と選挙予想と結果

更新日:

多賀城市概要
多賀城市は仙台市の北東側に接し仙台市ののベットタウンとしての性格を持ってい
ます。

人口 約6万2千人
出身有名人 千葉雄大(俳優)

立候補者
氏名           年齢 性別 党派   主な肩書き
菊地健次郎(きくちけんじろう) 71 男  無所属(現) 多賀城市長
石塚昌志(いしづかまさし)   64 男  無所属(新) 無職、元名取市副市長
伊沢貞夫(いさわさだお)    72 男  無所属(新) 会社役員、元市議

立候補者紹介

菊地健次郎
生年月日 1947年生まれ
学歴 中央大学法学部卒業
職歴 不動産会社勤務
多賀市議会議員
宮城県議会議員

2006年に多賀城市長に当選し前回同様自民党、公明党推薦で今回で4期目の当選を目指す。
○少子化社会への対応を
○誰もが安心な長寿社会の実現へ
○多賀城創建1300年に向け「歴史都市多賀城」の創造
○持続性のある強靭な社会の実現
○持続的に発展する市民文化創造都市の形成
○安全な市民生活の実現

石塚昌志
生年月日 1954年生まれ
学歴 東北大学工学部卒業、同大学院土木工学部専攻修了
職歴 建設省(現 国土交通省)に入省
2014年~2018年3月名取市副市長
政策

   1、新しい歴史をつくる活力のまち
2、命を守る幸せなまち
3、財政基盤がしっかりとしたまち

伊沢貞夫
生年月日 1946年
学歴 県立塩釜高等学校卒業
職歴 日本国有鉄道
2006年多賀城市義初当選
2008年株式会社ハッピー不動産建設の代表取締役

1.震災復興の勘地区に向け、温かな支援を継続します。
2.女性と高齢者の力を生かした魅力のある街づくりを実現します。
3.多賀城南門の復元、多賀城創建1300年の完成に向かい、観光、文化を推進します。
4.多賀城IC周辺に、道の駅等集約施設を作り、多種多様な雇用を生み出し、市の財政を再生します。
5.若者が集まる魅力的な街づくり、地場産業を育成し、企業誘致を積極的に行い10万都市を目指します。

選挙の予想

前回2014年の選挙では現職の菊池候補12442票、
それと今回立候補した伊沢貞夫も出馬していて1284票

ほぼ10倍近い差がありましたのでこの勝負は見えているような気がします。

そして今回の不確定要素として石塚昌志候補がどれぐらい票がとれるかといった問題がありますが
普通に考えれば現職の菊池候補の4選が固いような気がします。

-地方選挙
-

Copyright© 輝く星 , 2019 All Rights Reserved.